イベント情報|プリンス&スカイラインミュウジアム|prince&skyline Museum

2018 プリンス&スカイラインミュウジアムスプリングフェスティバル

2018/04/24 更新

2018年4月29日(日)

プリンス&スカイラインミュウジアム開館 9:30

イベント スカイラインR32Gr.A車両トークショー

展望ひろばGr.Aレプリカ車両展示 9:30~

P&Sミュウジアム前エントランス車両展示 9:30~

トークショー(テーマR32Gr.A車両) 10:30~12:30 P&Sミュウジアム内シアターコーナー(拝観は有料です)

Gr.A車両エンジン始動 午後

お宝市 9:30~ アプローチロード(中央階段~P&Sミュウジアム通路)

 

*各イベントは進行状況により予告なく時間が変更、中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

プリンス&スカイラインミュウジアム スプリングフェスティバル情報③

2018/04/18 更新

平成30年4月29日(日)開催予定のプリンス&スカイラインミュウジアムのイベント情報を一部公開します。

当日はGroup.Aレプリカ車両の展望ひろば展示を予定しております。

さらにプリンス&スカイラインミュウジアム初登場の車両がイベント日限定で展示される予定です。

今回が最終の情報となります。

ぜひ皆さんお誘いの上、ご来場いただきますようスタッフ一同、心よりお待ちしております。32calsonic.JPG34calsonic.JPG

 

プリンス&スカイラインミュウジアム スプリングフェスティバル情報②

2018/04/06 更新

平成30年4月29日(日)開催予定のプリンス&スカイラインミュウジアムのイベント情報を一部公開します。

当日はGroup.Aに関するトークショーを予定しております。

ぜひ皆さんお誘いの上、ご来場いただきますようスタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

プリンス&スカイラインミュウジアム スプリングフェスティバル情報

2018/03/20 更新

平成30年4月29日(日)開催予定のプリンス&スカイラインミュウジアムのイベント情報を一部公開します。

元日産自動車スポーツ車両開発センター課長、元NISMO取締役技術部長で現在もモータースポーツの普及にご尽力されておられます日置和夫氏、当館名誉館長でおられます伊藤修令氏、同じく顧問でおられます渡邉衡三氏のご三方に加えて、司会にモータージャーナリストの片岡英明氏をお迎えしてトークショーを開催します。

 

この他、展望ひろば・エントランス(ミュウジアム入場口前)に車両展示等、たくさんの企画をご用意しておりますので、ぜひ皆さんお誘いの上、ご来場いただきますようスタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

 

10/8(日)スカイラインミュウジアムオータムイベントルポ

2017/10/06 更新

平成29年10月8日 日曜日 トークショー  13:00~

スカイラインミュウジアムオータムイベント2017

事前に告知していたゲストの方の体調不良により、一部内容変更となりましたが大勢のお客様にご来場いただき、トークショーが開催されました。

この日の冒頭、片岡さんのお計らいにより、先達てお亡くなりになられた島田勝利さんを偲んで参加者全員で黙祷を捧げました。

IMG_0111.JPG

その後、伊藤さん渡邉さんにより、R380をはじめ、数々の名車を手掛けて来られた島田さんの紹介とエピソードを交えて思い出話をしました。

そしてトークショーの本題であるS54スカイラインについてのお二方によるトークショーがありました。

OHCのエンジンの紹介。

S54スカイライの紹介。

200ミリエンジンルーム延長した経緯の秘話。

IMG_0115.JPG

スカイラインのレースにおいてポルシェを抜いた快挙。走りのスカイラインのイメージを作ったのは54スカイラインだと力をこめて伊藤さんが語りました。

連戦連勝ではなかったがスカイラインが負けるとニュースになるという社会現象まで起きたことも語られていました。

渡邉さんの「54のガソリンタンクの隣にバッテリーがあるなんて現代には考えられない!上の広場(展望ひろばに展示してある5台)の54の方、気を付けてください」というつぶやきに観客の笑いも起きました。

IMG_0125.JPG

今回はスクリーンの画像もなく、非常にシンプルなトークショーでありましたが、それだけに内容が濃く片岡さんの名司会も冴え、あっという間の1時間半でした。

 

最後はお二方のS54に対する思い出を語っていただいてトークショーは幕をとじました。

(文:スカイラインミュウジアムサポーターズクラブ 鴈金亮)