8/2(日)サマーフェスティバル開催ルポ|イベント情報|プリンス&スカイラインミュウジアム|prince&skyline Museum

8/2(日)サマーフェスティバル開催ルポ

8月2日(日)P&Sミュウジアムサマーフェスティバルが、多くのファンにおいでいただき盛大に開催されました。

今年のサマーフェスティバルでは、屋内の展示のほか屋外の展望ひろばへ、グロリア、S54、箱スカのほか、プリンスの懐かしい旧車を展示し、多くのお客様に楽しんでいただきました。

また、元PMC・Sに所属GT-Rプライベートドライバーとして活躍された、久保田洋史氏がプライベートでご来場いただき、会場を盛り上げていただきました。

 

Ⅰ.第一部トークショー

第3回全日本グランプリ優勝ドライバーの砂子義一氏を迎え、レース車両R380―Ⅰに乗車しての写真撮影会をはじめ、ユーモアのあるお話しに、会場が笑いと拍手でわきました。

《要旨》

  •  当時のレーサーの多くは日雇いだった。
  •  オイルもヘルメットも国産との差があり、すべて外国産を使用した。
  •  レーシングスーツは冷房などなく防火剤だけを塗ったもので、車体からの熱がそのまま伝わる。
  •  スタートは下手だがレースでは勝つ、バンクへの突っ込みの度胸は負けない。 など

 

Ⅱ.BBQ(ゲストとの昼食会)

館長の伊藤修令氏、顧問の渡邉衡三氏、設計開発技術者島田勝利氏を囲み、50人以上のファンと楽しくBBQを楽しみました。

ミュウジアムショップへの納品業者である「k.you imagination」から、イベントの景品としてTシャツ5枚を提供いただき、ミュウジアムからもスカイラインスポーツのミニカーを提供し、じゃんけん大会を行い大いに盛り上がりました。

 

Ⅲ.第二部トークショー

レース車両R380―Ⅰの設計に携わった島田勝利氏の熱のこもったお話しとなり、予定時間を大きく上回る中でも、ファンの方は熱心に最後まで聴講いただきました。

当館の初代館長の桜井眞一郎氏が最も怒り、最も可愛がったと桜井さんの著書にあるように、真面目な中にもユーモアと芯の通った考えが、図面の写真、当時の仲間の写真などから伝わってきました。

今回持参いただいた資料は、講演の依頼を受けてから再度作ったものもあるとのことでした。

 

IMG_0063.JPG